最近の多摩の霊園の傾向はどんな感じか

東京の多摩地区の霊園では、墓の近くまで車で行くことができ、車から降りてからも段差がないバリアフリーであることを重視する傾向があるようです。電車やバスで行っても園内用送迎サービスもあるし、カートの貸し出しもあります。そのため広い霊園でも大丈夫です。いろんな宗派に対応しているのも人気です。お墓の新設にはもちろん対応できますが、遠く離れたところにある墓の移転改葬ができるのも人気です。そのためには移設前の元の墓や新しく作った墓で様々な契約や儀式があります。丁寧に相談に載ってくれるのもうれしいです。春の桜、夏の新緑、秋の紅葉、季節に合った花など景色もとても素晴らしいです。有料ではありますが墓石掃除や草刈りなどのメンテナンスもうれしいオプションです。墓参り代行があるのはおどろきです。

多摩地区の霊園で墓建立にかかる費用

東京の多摩地区の霊園で墓地を持つためには、費用が掛かります。東京都内なので住宅と同様に墓地も安い買い物ではありません。区画と墓石で100万円以上します。南向きで少し広めの区画だと300万円以上します。これに年間管理料がかかります。法要などで寺院にお世話になった時の費用や消費税は別途かかります。住宅で数千万円のローンが終わったら墓地のローンではローンが続いて大変ですが、墓も必要です。費用を抑えるには、墓石がいらない樹木葬や永代供養棟という方法もありますがゼロではありません。自分のための墓なら今のうちに、好きな花や山が見えるところやおしゃれな墓石で納得のいくものを作ってください。子孫が気軽にお墓参りに来てくれるような場所を選んでください。中に入ってしまったら自分では何もできません。

多摩地区の霊園で墓建立時に気を付けること

東京の多摩地区の霊園に限らず日本中どこでもですが、宗派ごとに墓には特徴があります。浄土真宗では塔婆立てや五輪塔は立ててはいけません。石板には霊の字は使ってはいけません。お墓が完成したら「魂入れ」や「開眼供養」を行います。この言葉は浄土真宗以外で使われます。他の宗派のお経をあげることはいけません。霊園はどんな宗派でも墓の建立はできます。無宗派でも建立できますし、キリスト教でも建立できます。ただ宗派の決まりに沿った墓を建てなければなりません。宗派ごとに決まりがあるので守ってください。無宗教ならすべて自分好みでいいのですが、ご先祖様を怒らせないように、寺院とよく相談したり、霊園の職員や墓石業者とよく打合せして、支払いに困らない程度できちんとした立派なものを作ってください。