おすすめの多摩の霊園の選び方とは

終活という言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。人生の終わりが見えてきたとき、残りの日々を自分らしく過ごすために行う準備のことをいいます。終活のためのセミナーが開催されるなど、自分のためだけではなく残される家族のためにも終活を行う人が増えています。しかし、終活といっても何をするべきなのかわからない人も多いでしょう。エンディングノートや遺言書など終活でやるべきことは様々ですが、お墓を決めることもその一つとして挙げられます。多摩での埋葬を希望している人も、まずは霊園を決めることから始めなくてはいけません。また、自分に合う霊園を見つけるために知っておくこともあります。例えば霊園には民営と公営の霊園があります。どこが運営しているかによって異なりますが、それぞれ特徴があります。

多摩で霊園を探している人に知っておいてほしい基本情報

そもそも霊園は墓地とは異なる点があります。墓地は寺院の境内にあるものを指し、霊園というとそれ以外の墓園のことを指していることが一般的です。2つの大きな違いは、檀家の制度があるかどうかということでしょう。霊園では檀家制度がなく、宗派などに関しても不問である場合が多いこともメリットとなっています。ただし、法事の際などの準備は家族か自力で行う必要があることも忘れてはいけません。また多摩で霊園を探している場合も、民営と公営の2種類の霊園があります。民営の場合は宗教法人や公共法人などによって運営されており、公営の場合は都道府県や市町村の自治体によって運営されています。多摩市の場合も都が運営する霊園がありますが、都立霊園としては最大の規模であり、日本初となる公園墓地となった長い歴史をもつ霊園があります。

多摩でも選択できる民営と公営の霊園の特徴

民営の霊園も公営の霊園も、多くは宗派だけではなく国籍も関係ないため制限がありません。さらに民営の場合は多摩の霊園も含めて、区画の面積、墓石の形やデザインまで制限がないことが多く自由に選ぶことができます。バリアフリーの設計や休憩所、礼拝堂などの設備などサービスも充実していますが、使用料や管理にかかる費用が高くかかってしまうことがあります。費用の面で見れば、公営の霊園は民営の霊園に比べると比較的安いといえるでしょう。しかし民営に比べると自由度が低いことや、生きているうちには購入ができないというケースもあるので注意が必要です。また、公営の霊園は倍率が高いことも特徴として挙げられるため早くからの検討が求められます。最近ではネットで詳しい情報を調べることができるほか、検索サイトもあるため利用してみるのも良いでしょう。